ご紹介の内容を書き留める

先日、既存のお客様のご紹介で新規様がご来店くださいました。

「○○さんのご紹介で来ました。」とお客様。。。

「それは誠にありがとうございます。○○様にはいつもとっても良くして頂いてます。
素敵な方ですよね。○○様がどの様に当店をご紹介くださったのかお伺いしても宜しいでしょうか?」

「はい、○○さんにイマイチ相性が合う手のひらのセラピストさんと出会わないと話しましたら、肉厚でとっても心地良い手のひらを持っているセラピストさんが居るから行ってみてと紹介して貰いました。
とっても楽しみに来させて貰いました。」

こんなご紹介もあるのです。

ご紹介内容をお客様にお聞きすることは、とても大切なことです。

その中には、お客様のご要望がしっかりと込められているということ、
自分自身のセラピストとしての評価の詳細を知ることが出来るからです。

お客様の好みは千差万別ですが、今回の場合少なくとも○○様の私に対する評価を知ることが出来ましたし、新規のお客様のご要望を知ることが出来ました。

闇雲にご紹介をお願いしてもご紹介は頂けません。
『ご紹介キャンペーン』を組んだりすることも余り意味が無いようにも思います。

深くお客様のご要望を知り、只々一生懸命に施術する。。。

お客様に笑顔になって頂く、その一点だけを見ていたら自ずとご紹介頂けるのではないでしょうか♪
?Gg[???ubN}[N??